世界のインフラ関連の資金調達で日本企業が活躍している。欧米で老朽化による更新が増え、新興国でも新規投資が拡大。インフラ整備に民間資金を導入する各国の動きが追い風だ。