以上、相続増税後に出現すると見られる「庶民だからこそ陥る相続の落とし穴」を様々な角度から検証してきた。落とし穴はまだまだあり、制度改革が2年後に迫る中、相続課税の対象者になる可能性がある人は、早急に対策を打つ必要がある。