世界第6位の広さを持つ日本の海のどこかに、「資源」が眠っている。そのありかを探すのが、深海探査専用のロボットたち。未来のエネルギー大国に名乗りを上げる準備は整いつつある。