富士重工業が国内活性化に向け、“飛び道具”を用意した。その正体は新車ではなく、何と保険プラン。衝突回避技術における優位性をフル活用する狙いがある。