シンガポール企業が日本ペイントに株式公開買い付けを提案。アジア事業の合弁相手による「ラブコール」に対応を迫られる。円安で日本企業に対するM&A(合併・買収)が増えそうだ。