「相続課税対象者が増えるなら税務署は激務になり、少額相続の些細な不備などは把握されないのではないか」。そんな考えが頭をよぎる人も一部にはいるだろう。だが徴税の最高権力機関、国税局を侮ってはいけない。ベテラン国税担当記者がそのすさまじい調査能力を明らかにする。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1793文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 庶民が相続税を払う日」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。