「相続課税対象者が増えるなら税務署は激務になり、少額相続の些細な不備などは把握されないのではないか」。そんな考えが頭をよぎる人も一部にはいるだろう。だが徴税の最高権力機関、国税局を侮ってはいけない。ベテラン国税担当記者がそのすさまじい調査能力を明らかにする。