事件は、母親の100カ日法要後の酒席で起きた。酒に酔った兄が弟に一升瓶を投げつけ流血。もみ合いになり、警察を呼ぶ騒ぎにまで発展したのである。「映画やドラマではよく見る風景。でもまさか自分が当事者になるとは」。被害者のC氏(64歳)はこう振り返る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2043文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 庶民が相続税を払う日」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。