(1)親の財産は持ち家程度 (2)その家があるのは首都圏 (3)父は既に他界、実家では母が一人暮らし(次の相続は夫から妻への「1次相続」でなく、親から子への「2次相続」になる) (4)一人っ子である (5)自分も持ち家を所有している(場所は日本全国どこでも可) 以上の5項目に該当する人は、何はさておき下の方の地図を見ていただきたい。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2860文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 庶民が相続税を払う日」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。