私が中学生の時、父親の本棚に並んでいる黒い背表紙の文庫本が気になって仕方ありませんでした。ふと手に取った瞬間、グロテスクな表紙に凍りついたことを思い出します。