異質を受け入れることができれば、強くなれます。『論語』や『韓非子』など、中国の古典を読むと、異質との遭遇が人や考え方を磨き上げることがよく分かります。