今回の特集で、米スタンフォード大学のエドワード・ファイゲンバウム名誉教授をご自宅で取材させていただきました。慎重に選びながら紡ぎ出される言葉は時折、日本人である私にとって耳が痛いものでした。