AI(人工知能)の大家、エドワード・ファイゲンバウム名誉教授。日本企業や政府とのつながりが深い同氏は、今の凋落を嘆く。ソフト軽視の風潮が根強い日本に警句を吐く。