革新的な技術が社会のありようを急激に変える過程では、常に副作用がつきまとう。インターネットも例外ではない。リアルからネットへと溢れ出す情報の価値が高まれば高まるほど、データそのものやその統治権を巡る争いが激しくなる。