2期連続の大幅赤字で「デジタル家電の負け組」となったパナソニック。消費者ニーズ軽視が製品の陳腐化を招いた。商品や組織の大手術が必要だ。法人向けと白物家電に独自の強みがある。この両輪を軸に、再起を目指す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6502文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題