法廷で熱弁を振るう「トライアル弁護士」として、対アップル訴訟に臨む。巨人に挑む背景には、輝けるマイノリティーとしての矜持がある。第2の故郷である日本のメーカーにも復権のエールを送る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5523文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題