法廷で熱弁を振るう「トライアル弁護士」として、対アップル訴訟に臨む。巨人に挑む背景には、輝けるマイノリティーとしての矜持がある。第2の故郷である日本のメーカーにも復権のエールを送る。