2011年7月、厚生労働省は「精神疾患」をガンや脳卒中などと並ぶ5大疾病とする、と発表した。人が一生の間に何らかの精神疾患にかかる確率は約24%と言われ、もはや他人事ではなくなっている。