長野県飯田市で日本初の条例が誕生。再生可能エネルギーに地域で投資する。北九州市では、超省エネ型のエネルギーシステムの輸出が一歩実現に近づいた。疲弊する地方はエネルギーから富を得て自立し、企業は地方発で世界へ飛び出す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4758文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 エネルギー国富論」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。