昨年末、日本の重電産業史に新たな1ページが加わった。三菱重工業と日立製作所という、国内の古豪2社がついに火力発電事業を統合する決意を固めた。2社にとっても、その意義は計り知れないインパクトを持つ。