電力危機に苦しんできた日本企業が反攻に打って出る。超省エネ生産設備、新たな蓄エネ技術、高効率発電──。苦境の中から生まれた知恵の結晶が、アジアの成長までも取り込む。