問 テレビ事業は本当に再建できるのですか。 答 我々が描いたシナリオよりも少しアヘッド(前進)しています。テレビ復活は、コストセーブと同時に、商品力を高めなければなりません。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2598文字 / 全文文字

【春割/2カ月無料】お申し込みで

人気コラム、特集記事…すべて読み放題

ウェビナー・音声コンテンツを視聴可能

バックナンバー11年分が読み放題

日経ビジネス2013年1月21日号 54~55ページより目次