資源市況の回復は見込めるが、豪ドル高で収支は相殺。一方、世界的なリスク分散で運用資金の流入が加速する。伸び率は鈍化するが、オーストラリアは安定成長が見込める。