資源市況の回復は見込めるが、豪ドル高で収支は相殺。一方、世界的なリスク分散で運用資金の流入が加速する。伸び率は鈍化するが、オーストラリアは安定成長が見込める。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1334文字 / 全文文字

【春割/2カ月無料】お申し込みで

人気コラム、特集記事…すべて読み放題

ウェビナー・音声コンテンツを視聴可能

バックナンバー11年分が読み放題

日経ビジネス2013年1月21日号 22ページより目次

この記事はシリーズ「時事深層(2013年1月21日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。