技術力で勝っていたとしても、グローバル事業で優位に立てるとは限らない。自社の高い技術力を生かせる有利な事業環境を自ら構築して戦う必要がある。技術で「世界標準」を握るための戦略と実践法を具体例で紹介する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4830文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題