技術力で勝っていたとしても、グローバル事業で優位に立てるとは限らない。自社の高い技術力を生かせる有利な事業環境を自ら構築して戦う必要がある。技術で「世界標準」を握るための戦略と実践法を具体例で紹介する。