広義のモノ作りとは「良い設計の良い流れ」で、顧客を満足させて、利益の獲得を目指す経済活動だ。付加価値は設計情報にあり、生産とは設計情報を媒体に転写することと言える。転写されていない状態を無駄といい、「良い流れ」とは無駄や淀みが少なく、精度が高い転写を指す。