重いコストを背負いつつ、海外勢との厳しい競争を迫られる日本。懸命な「カイゼン」で工場は生き残りを図るが、それだけで空洞化は阻止できない。2030年、日本の工場は生産拠点から、人材と技術を作り出す場へと、その姿を変えていく。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3934文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 2030年のモノ作り」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。