重いコストを背負いつつ、海外勢との厳しい競争を迫られる日本。懸命な「カイゼン」で工場は生き残りを図るが、それだけで空洞化は阻止できない。2030年、日本の工場は生産拠点から、人材と技術を作り出す場へと、その姿を変えていく。