高い効率と低コストを追求する生産ラインの自動化が、新たな局面を迎えた。人型ロボットの登場で、これまで自動化が困難だった分野にも可能性が広がる。米欧でも開発が始まっており、先進国の製造業回帰の担い手として期待が高まる。