高い効率と低コストを追求する生産ラインの自動化が、新たな局面を迎えた。人型ロボットの登場で、これまで自動化が困難だった分野にも可能性が広がる。米欧でも開発が始まっており、先進国の製造業回帰の担い手として期待が高まる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3812文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 2030年のモノ作り」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。