誰でも手軽にハードウエア産業に参入できる時代がやってくる。外部の工場やネットをフル活用して、1人で起業する者も現れた。参入障壁がなくなった時、頭に浮かんだ数だけの製品が市場に溢れ出す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5083文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 2030年のモノ作り」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。