誰でも手軽にハードウエア産業に参入できる時代がやってくる。外部の工場やネットをフル活用して、1人で起業する者も現れた。参入障壁がなくなった時、頭に浮かんだ数だけの製品が市場に溢れ出す。