特集の取材を通じて複数の方から聞いたのは、日本企業の「ノリの悪さ」でした。日本の製造業やモノ作りを復活させたいと開発した製造装置やシステムを提案しても、日本企業の生産技術の担当者の反応がどうも悪い。