わずか4年前まで、セブンイレブンは暗黒の中を彷徨っていた。「存亡の危機」とまで囁かれた崖っぷちから、いかにして「独り勝ち」へと蘇ったのか。復活劇を紐解くと、カリスマ・鈴木敏文の巨像に隠れて見えにくかった、経営陣の存在が浮かび上がる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4498文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題