グローバルで競うためには、国内外でどのような生産体制を構築すべきか。国内拠点は先端技術や現場改革での「マザー機能」を高め、海外拠点を統括。開発、生産、営業などで「市場最寄り化」を徹底し、顧客ニーズを深耕する。