グローバルで競うためには、国内外でどのような生産体制を構築すべきか。国内拠点は先端技術や現場改革での「マザー機能」を高め、海外拠点を統括。開発、生産、営業などで「市場最寄り化」を徹底し、顧客ニーズを深耕する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4781文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題