東日本大震災と原子力発電所の事故は、環境リスク評価の専門家として、私にはとても大きなショックでした。これまで、「原子力は専門外だから」と、原子力発電のリスクに正面から向き合ってきませんでした。それでいて「事故が起きるリスクは高くないだろう」と安易に判断してしまっていました。この態度が一番いけなかったと思っています。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1205文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。