東日本大震災と原子力発電所の事故は、環境リスク評価の専門家として、私にはとても大きなショックでした。これまで、「原子力は専門外だから」と、原子力発電のリスクに正面から向き合ってきませんでした。それでいて「事故が起きるリスクは高くないだろう」と安易に判断してしまっていました。この態度が一番いけなかったと思っています。