キヤノンカメラ(現キヤノン)に入社して8年、ろくに英語も話せないまま米国勤務が決まり、気がつけば北米で28年働き続けました。米国での生活を振り返ると、訴訟社会としての一面が強く記憶に残っています。