一流大学出身者だらけの異色建設会社の創業者。1989年の創業後、将来の職人不足を予見。当時としては異例の工程内製化を進め、職人の待遇を向上。「スーパーゼネコンでなく現場で体を動かす仕事を」と望む理系エリートを集め、“超高学歴大工集団”を築く。建設業界で今、最も注目を集める男が占う2013年は?

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1516文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 異色企業家だけに聞いた 2013年大胆予測」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。