ベテラン社長が居並ぶ中、トップバッターを務めるのは、都心に通う会社員なら多くが知る仕出し弁当業界のガリバー、玉子屋の2代目。東京・大森の飲食店から、都内最大級の弁当業を起こした父の跡を継ぎ2004年に社長就任。立教大学時代は野球部で活躍したスラッガーが、弁当業という超ミクロ視点から2013年の日本を斬る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1494文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 異色企業家だけに聞いた 2013年大胆予測」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。