ベテラン社長が居並ぶ中、トップバッターを務めるのは、都心に通う会社員なら多くが知る仕出し弁当業界のガリバー、玉子屋の2代目。東京・大森の飲食店から、都内最大級の弁当業を起こした父の跡を継ぎ2004年に社長就任。立教大学時代は野球部で活躍したスラッガーが、弁当業という超ミクロ視点から2013年の日本を斬る。