ECBが昨年、周辺国の国債の購入を約束して以降、欧州債務危機は沈静化したかに見える。周辺国は緊縮政策を必死に進めているが、成長戦略はなく、域内の南北格差は開くばかりだ。2013年にユーロが崩壊するリスクは下がっているが、解決にはまだ数年はかかるだろう。