東京都心部では、高さ100mを超える超高層ビルの解体案件が動き出した。通常のビル解体に比べて、騒音や振動、景観などへの一層の配慮が必要だ。大手ゼネコン各社は、それぞれに工法を開発。受注合戦が始まった。