東京都心部では、高さ100mを超える超高層ビルの解体案件が動き出した。通常のビル解体に比べて、騒音や振動、景観などへの一層の配慮が必要だ。大手ゼネコン各社は、それぞれに工法を開発。受注合戦が始まった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3739文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題