師走の総選挙の結果は、再び勝者と敗者がひっくり返る“オセロゲーム”の様相を呈した。自民党が294議席、連立パートナーの公明党が31議席と合わせて総定数(480)の3分の2を超えて325議席を獲得する圧勝。一方、民主党は公示前の約4分の1に落ち込む57議席と歴史的な惨敗に終わった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1721文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「緊急特集」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。