師走の総選挙の結果は、再び勝者と敗者がひっくり返る“オセロゲーム”の様相を呈した。自民党が294議席、連立パートナーの公明党が31議席と合わせて総定数(480)の3分の2を超えて325議席を獲得する圧勝。一方、民主党は公示前の約4分の1に落ち込む57議席と歴史的な惨敗に終わった。