グローバル人材の育成、採用、活用に関する日本企業の取り組みはまだ中途半端だ。育てるなら、若手社員を新興国に放り込み、現地の人と接触させて実践の場で鍛える。外国人社員が士気を高める処遇や人事システムの導入など、大胆な制度設計も必要だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5541文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 グローバル人材の幻想」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。