グローバル人材の育成、採用、活用に関する日本企業の取り組みはまだ中途半端だ。育てるなら、若手社員を新興国に放り込み、現地の人と接触させて実践の場で鍛える。外国人社員が士気を高める処遇や人事システムの導入など、大胆な制度設計も必要だ。