日本企業が「グローバル人材の確保」という経営課題に振り回されている。目標と現実のギャップに日本人社員は疲弊。外国人登用にも壁が立ちはだかる。「日本人の、日本人による、日本人のための経営」からの脱却は進むのか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5021文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 グローバル人材の幻想」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。