日本企業が「グローバル人材の確保」という経営課題に振り回されている。目標と現実のギャップに日本人社員は疲弊。外国人登用にも壁が立ちはだかる。「日本人の、日本人による、日本人のための経営」からの脱却は進むのか。