「タブレット元年」と言われた2012年。「iPad mini」「ネクサス7」「キンドルファイアHD」など、7型のミニタブレットが相次いで発売された。小型で持ち運びやすいため、家庭や職場だけでなく、移動中にも使う人が増える。