2013年は日本の良さを見直すようなイベントが相次ぎそうだ。中国の反日デモの影響で、消費の「脱中国化」も進む。ヒットのカギは、見慣れた日常の風景に潜んでいる。