老朽化の進行で脆弱性があらわになる日本の社会インフラ。だが財政難によって、耐震補強などの大規模工事が進まない。新たな工法として、樹脂の特性を生かした低コスト・短工期技術の開発が進む。