老朽化の進行で脆弱性があらわになる日本の社会インフラ。だが財政難によって、耐震補強などの大規模工事が進まない。新たな工法として、樹脂の特性を生かした低コスト・短工期技術の開発が進む。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3402文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題