2009年までCEO(最高経営責任者)を務めた著者がイケアの経営を綴る。躍進の背景には「より快適な毎日を、より多くの人々に」という確固たるビジョンと緻密なビジネスモデルがある。