雑誌の特集に取り組んでいると、最初の仮説が取材を通して覆されることがあります。今回がそうでした。当初、我々が想定したタイトルは「失速アジア」。