東京都心を中心に不動産市況の回復基調が鮮明になってきた。世界的な金融緩和の流れの中で、国内外の資金流入が加速。「オフィス内需」が頭打ちとなる中、回復を本物にできるだろうか。