年内にも発足する新政権は勝利の美酒に酔いしれる間もなく難局に直面する。2013年度予算案編成は19年ぶりの越年で、足元の景気対策や外交立て直しも急務だ。半年後に控える参院選。それまで“安全運転”で乗り切れるのか、早くも正念場を迎える。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3150文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2012年12月17日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。