東京の繁栄は、地方から移る企業に支えられていた。本社の集積は膨大なホワイトカラーの雇用を生み、消費は拡大した。本社の東京離れが進めば、東京を潤していた好循環が逆回転を始める。