中国経済は8月を底に回復に向かう。インフラと不動産への投資、個人消費が伸びる。中長期的には、日本企業の成長機会が増える。1人当たりGDPが1万ドルを超える層が、日本製品への志向を強める。