中国経済は8月を底に回復に向かう。インフラと不動産への投資、個人消費が伸びる。中長期的には、日本企業の成長機会が増える。1人当たりGDPが1万ドルを超える層が、日本製品への志向を強める。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3942文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題