世界中でiPS細胞の研究に関心が高まり、細胞を分析する装置の重要性が増してきた。この装置分野に無縁だったソニーが、これまで培ってきた光ディスク技術をベースに参入。「小型で安価」を売りに、iPS細胞などを研究したい施設や企業への普及を目指す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2882文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2012年12月17日号 128~130ページより目次