不況のあおりを受け、“塀の中”での刑務作業が存続の危機にある。地場産業の衰退や、製造業のアジアシフトが原因だ。一方で、旧来の概念を打ち破る刑務作業品が飛ぶように売れているという。