「富裕層の財布の開けるのがそんなに難しいなら、本人でなく子供や孫にお金を使ってもらえばいい」。本編を読まれ、そう思った読者もいるかもしれない。